ホーム > 水の講座 > 膜ろ過・フィルターについて

膜ろ過・フィルターについて

精密ろ過(MF:Microfiltration)

カートリッジタイプのフィルターにてろ過するケースが多く用途にあわせ液中の0.1µmから100µm程度の微粒子、菌類等をろ過します。
フィルター材質はポリプロピレン、ポリエステル、ポリスルフォン、ポリエチレン、コットン他、多品種を用途により使い分けます。

限外ろ過(UF:Ultrafiltration)

中空糸膜にて0.1µmから0.001µm程度の微粒子、菌、ウイルス等をろ過します。中空糸膜はストロー状の膜でろ過方式は内面から外面へ通水する内圧式と逆の外面から内面の外圧式があります。処理設備の最終のろ過として使用するケースが多いです。

逆浸透ろ過(RO:Reverse Osmosis)

RO膜に圧力をかけ透過水と濃縮水に分離します。分離できる物質はイオン、塩類、濁質、ウイルス、細菌類があり濃縮水となります。しかしながら100%の分離性能はなく90%以上程度の分離となります。分離できない物質は気体(酸素、窒素、炭酸ガス)等があり水分子と同じく透過水となります。膜材質は酢酸セルロース膜、ポリアミド膜等があり現在は超低圧膜のポリアミド膜を使用するケースが多いです。また、RO膜は温度の低下により透過水量が減少する特性があり温度調整が必要な場合があります。用途はイオン交換装置の前処理や設備後段にて除菌、除微粒子装置として使用します。

粒子展開図

カタログ

PDFアイコン 逆浸透装置「オスモクリアー」カタログ